中古パソコンの保証について

パソコンは新モデルが出ると、旧モデルが安くなったり、中古市場に大量に旧モデルが流れたりすることがよくあります。
中古市場には中古パソコンとアウトレットパソコンの二種類の商品が販売されています。
中古パソコンは、以前のユーザーが使用して中古販売店で買取を行なってもらい、中古販売店がクリーニングを行なって再度商品として販売する物です。
比較的古いモデルが欲しい場合には中古パソコンでしか手に入らない物があるので、中古市場で購入することになります。
一方、アウトレットパソコンは、旧モデルの新品で開封されていない物を中古販売店で販売している物であり、比較的安く新品を購入したい場合に利用すると良いでしょう。
中古パソコンの保証はほとんどの場合、メーカー保証が切れていることが多いので、中古販売店が独自で保証を設定しています。
独自保証を利用するには多くの場合、購入代金とは別に登録料が必要になる場合が多いです。
加入しているかどうかで、パソコンが故障した時の修理代は大きく変わってくるので、極力加入しておいた方が良いでしょう。
中古パソコンはすでに人に使われている状態であるため、特にハードディスクなどの消耗品は経年劣化による消耗が激しいので、購入する場合には中古販売店の店員に相談しながら購入することが大切です。