中古パソコンは改造して長く使う

パソコンは数多くのメーカーが統一規格に従って製品を製造しており、パーツの種類ごとの互換性が高い製品です。
同じ規格であれば、別のメーカーのパーツを取り付けても問題なく動作します。

例えば、インテルのCPUであれば、特定のソケットタイプのものは、同じソケットタイプの他のパソコンに付けても
一部例外はあるものの、ほとんどが正常に動作します。

そこで、中古パソコンを安く購入してしばらく使った後で改造するという手が使えます。

データやファイルなどの保存領域の容量が足りなくなってきた場合には、ハードディスクを追加で取り付けると容量が増えます。
アプリケーションを起動させるときに遅さを感じ始めたら、メモリを交換したり、追加で取り付けると改善されます。
複数ソフトウェアを同時に使うようになったり、絵や動画の表示が遅いなどのスペック不足を感じ始めたら、CPUだけを交換すると改善されます。

パーツ交換はノートパソコンでも行えますが、規格はいっしょでもパーツの大きさが少しでも違うと交換できないので注意が必要です。

パソコンだけでなく、パーツも中古のものが流通しているため、お金をためてから性能のよいパーツに
交換して快適に使うという事が可能です。
交換で取り外したパーツも売ってしまえます。

パーツ交換すると、パソコンメーカー保証や家電量販店保証が使えなくなります。
すでに保証が切れているパソコンで行ったり、自己責任が求められます。